ハリネズミがハリネズミである理由。


自由って何だろう?

自由でいられるってどういうことだろう?


自由を探し求めて三千里。


もしかしたら自由なんてものは自分で勝手に決められるのかもしれない。


と、思いながら、それが簡単にできるのならば、苦労してないな。





でも、少しずつ分かってきたのは、不自由は自分がつくりだしているということだ。






例えば、

誰かにイライラしちゃうのはなんで?

誰かのことを見て、誰かから何かを言われて否定された気持ちになっちゃうのはなんで?

自分が認められていなくて、孤独を感じてしまうのはなんで?


それは自分の心の中に"ガマン"がたまっているからなんだろうな。





やりたいけど、やれていない。

嫌だけど、嫌だって言えない。

やりたくないけど、やりたくないって言えない。

悲しいけど、悲しいって言えない。

辛いけど、辛いって言えない。


そんな”ガマン”が心の中にたまっている。






”ガマン”がたまっていると、それは少しずつトゲトゲした針として外に出てしまう。


だから僕はハリネズミなのだ。







ハリネズミはなんで針がある?


それは簡単なこと。




自分を守るためなんだ。




自分を攻撃してくるものから自分を守るため。


だから、この針は悪者なんかじゃない。

ハリネズミは針があるからハリネズミなんだ。



だから、ハリネズミは体中の針を好きになる旅に出るのだ。





自由に生きるphilosophy.