誰かに傷つけられる言葉を言われたら、決して相手を否定してはいけない。



誰かに傷つけられるような言葉を言われたり


皮肉めいたことを言われたとき




それは







相手も苦しい思いをしている







ということを理解しよう。







「そんなこと言われても!」







と思うけど、







それは相手も同じなんだ。







だから、



もし





傷つけられるようなことを言われたら







相手のことを否定するのではなく





その傷つけられることを言われた自分が


なんで動揺してしまっているのかに目を向けよう。






そしたら、









自分で自分のことを許せてなかったり








自分でも自分のことを卑下していたり









しているはずだから。






自分に向けて









大丈夫。








と言ってあげよう。










相手を否定するのはやめようね。



自由に生きるphilosophy.