人から攻撃されていると思ったら、それは自分を癒すチャンスなんだ。


生きているといろいろあるよね。




・上司に怒られて凹んだり。

・誰かから冷たい目で見られたり。

・自分の行動や発言が誰かを傷つけてしまったり。

・恋人と小さないざこざで喧嘩してしまったり。




さっとんもそんなことは日常茶飯事だった。



でもね、とあることに気づいたら



このいざこざはスッと心の中から消えて行ってしまったよ。




それは







自分が寂しいだけだった。







ってこと。





誰かの目を気にして




自分を攻撃しているんじゃないかって思ってしまうことも


自分が仲間外れにされてしまっているんじゃないかってことも


自分は認められていないって思ってしまっていることも







ぜんぶ、自分が寂しいからだった。








じゃあ、寂しいのは何で?






それは








自分が自分の心をおいてけぼりにしてしまっていたからなんだ。








誰かの目が攻撃的に感じてしまったら





それは自分が自分の心をおいてけぼりにしてしまっている





ということに気づくチャンスなんだ。





そして






自分で自分のことを






寂しくないよ。


大丈夫だよ。


ごめんね、辛かったよね。


もう安心してね。






って、抱きしめてあげよう。





そうしたら、不思議。






これまで感じていた他人からの攻撃の目が消えていることに気づくから。






そう、攻撃されていると思っていたことは


ぜんぶ勘違いだったのだ。







だから安心してね。



自由に生きるphilosophy.