捨てないパン屋は「手を抜く」から世界を幸せにする。

(*写真はイメージです)



捨てないパンを知っているだろうか?

昔、読んでいいなって思った記事だ。


急にまた読みたくなって、見つけてきた。



捨てないパン屋は、手を抜いている。


売っているパンの種類は4種類だけ。

しかも、具の入っていない大きなパンだけだ。


朝4時から11時までで、ひとりで焼き上げる。

他のパン屋からしたら、羨ましい限りだろう。


捨てないパン屋は、手を抜いている。

その代わりに、最高の材料をつかっている。

農家さんが手間ひまかけて愛情込めてつくった食材をつかい、手を抜いてパンをつくっている。



手を抜いたら、農家さんに失礼じゃないか?


いや、そんなことはないらしい。


捨てないパン屋さんでは、店主も農家もお客さんもみんな幸せになっている。

材料を無駄にせず、最高においしいパンを簡単につくって売っている。


これは何を物語っているのだろうか?

僕らは何を大切にするべきなのだろう?


売るためにドカドカと安いものを生産し、余ったらドカドカと捨てていく。

過剰な生産はどこかにしわ寄せがくる。

沢山作るためにたくさんのお金をかけ、沢山の人を雇い、沢山の時間と労力を費やす。



僕は捨てないパン屋さんの考え方が好きだ。


幸せをつくりだすために必要なのは、とてもシンプルで簡単な仕組みなのだろう。

「手を抜く」ことなのだろう。



自由に生きるphilosophy.