生き様アーティストに、僕はなる。


何度目だろう。 

ブログを開設するのは。

芯がふらふらしているのと、根気が入ってないから、いつも続かない。


けど、書くのは好きだから

続けてみることにする。


勝手に心の師匠だと思っている、脱がせ屋えりちん。

最近のマイブーム。


"生き様アーティスト"

という肩書きがカッコイイなと思った。


ただそれだけのことで、自分もアーティストになりたいなって思った。

というより、気づいた。

僕にとって、これはとても大切なことだった。


僕は小さいときから目立ちたいけど目立てない少年だった。 

目立てないというのは、ただ勇気がないだけのことだ。


人からどう見られるかばかりを気にして、

いつの間にか自分の"好き"すらもわからなくなっていた。


何をするにしても、失敗を恐れて、

女の子と付き合うのも、

自分は経験がないから何かヘマをして"ダサい"と思われたらどうしようとか常に気にしていた。


何かやりたいことを見つけても、

基準はいつも"他人にどう評価されるか?"ということを前提に選択していた。

趣味を探すにしても、なぜかこの業界で有名になれるのか?とかいう基準で選んでいた。


これが良いかな?

いや、これはありきたりだから、もっとニッチなものが良い。

普通なものを目立たないから、ちょっと尖った変わったものが良い。

そんなことばかり考えていた。


そんなことをしていると、本当に自分の心がわからなくなっていった。

(そして全て続かなった...)


本当にやりたいことは?

本当に好きなことは?

何をしているときが幸せ?


そんな質問にスッと答えられる人がとても羨ましかった


 好きなこともやりたいこともわからないと、

もちろんやりたい仕事や夢もパッとしない。


一応、音楽が好きだったので音楽業界に就職して、

いわゆる業界っぽい世界が合わなくて、辛くて挫折した。


そんなときに、島根にあるゲストハウスを見つけ、 

その自由な雰囲気に興味を持ち、すがるように島根に向かった。


それから半年後に島根に移住してるのだけど、

それはやっぱり"不安からの恐れ"からの逃げだっただろう。


心の勉強をしている人にはすぐにわかると思うけど、

不安からの逃げからの行動というものは、またすぐに壁にぶつかり、挫折してしまう。


今この瞬間に挫折を向かえているわけではないけど、 

流れとしては良い感じにモヤモヤした霧の中に進んでいるような気がしている。


なので、ここ数カ月、すがるように心のことを勉強しまくった。 

(これも不安からの逃げだけど。笑)

でも、学ぶということはとても尊いもので、いくつか気づいたこともあった。


・準備ばかりしていても何も変わらないということ。

・努力よりも勇気が大切だということ。 

・がんばらなくても自分はすでに価値があるということ。 

・無理に凄くなろうとしなくても良いということ。 

・好きなことだけやっていれば良いということ。


自分が上手くいかないのは、

自分の能力が足りないんだ、経験が足りないんだ、準備が足りないんだ、

知識が足りないんだって思ってた。


けど、心の世界の人たちはみんな、そんなことは必要ないと言っていた。 

決まってみんな、"好きなことやればいいじゃん!"と言っていた。


好きなこと。

自分にとって一番理解不能なこと。

探してみることにした。


探してみたら意外と糸口は見えてくるもので、

好きなものは自分が思っているよりも、大したことないものだってわかってきた。


昼まで寝るとか。

一日中マンガを読むとか。

昼間からビールを飲むとか。

気持ちよく歌うとか。

心のことを勉強することとか。


有名になるとかそんなこととは関係なく、ただ好きでずーっとできること。

それはどんなにくだらないことで何でもいいんだってわかってきた。


そして、凄くなくても良いから楽しいことだけ、

やりたいことだけをやりながら生きていきたいって思うようになってきた。


もし何をやっても成功して、お金に困らないとしたら?

まだ明確になったわけじゃないけど、ひとつ浮かんだこと。


 "表現者になりたい" 


 こうやって文章を書くことも、歌を歌うことも、自分の好きなことをやることも、

コミュニティをつくることも、今の仕事のまちづくりも、

全てを通じて自分をさらけ出して好き勝手に自己表現をしたい。


自己表現を楽しみたい。そうやって思った。


そこで出会ったのが、脱がせ屋えりちん。

(まだ会ったことないけど) 

彼女のように全てをさらけ出して、感性豊かに流れに任せて生きている姿をカッコイイと思った。 

好きだと思った。


ざわざわしたら、自分もなれる証拠。

これも心のことを勉強している人ならよく聞く言葉。


自分の好きなことだけを追いかけて、

喜んで感動して、泣いて笑って、全力で自分の”内側”の声に従ってひらひらと生きていく。 

そして、自分が存在してるだけで、相手を幸せにする。


僕はそんな存在だ。ということにする。


これまで学んできた心のことを全て使って、生き様アーティストになる。

そんなブログを書いていく。


自由に生きるphilosophy.