猫のように生きたい。


とてもくだらないことを書く。


さっとんは猫のように生きたい。



彼女の部屋に転がり込んで、いってらっしゃいと言いたい。

猫のようにとはどんな生き方か?いろいろあるが、ひとつは彼女の部屋に転がり込んで、眠そうに「いってらっしゃい」と言うことだ。


この時点で、けっこうダメ感が出ているのがポイントだ。



気まぐれで可愛がってもらう。

猫と言えば、気まぐれなところだろう。人に媚を売らない。自分が好きな時に好きなことをする。これも猫の魅力の一つだ。


ぜひこうなりたいものだ。



とにかく寝る。

猫と言えば、一日20時間寝ると言われている。とにかく寝たい。だらだらしたい。暇になったら、日向ぼっこをして散歩をして、好きな人の膝元で寝たい。


それだけだ。それだけで幸せだ。



意外と大切なことかもしれない。

くだらないことを書きたかっただけだが、意外と大切なのかもしれない。こんな生活が出来たら幸せだ。他の何もいらない。


名誉だって地位だっていらない。お金はほどほど欲しいけど、そんなにたくさん入らない。むしろ家事全般するから、養ってほしい。


さっとんの夢である。



自由に生きるphilosophy.