猪肉と雪見大福と、自分がどうありたいか。


昨日はFacebookで「ご飯食べるからおいで~」的な、ゆる募をアサリハウスの江上さん(ゲストハウスオーナー)がしていたので、あやかりに行ってきた。



天野さんというのは、近くの道の駅で洋食屋をやっているシェフで、こうやって軽いノリでご飯をつくってくれる、めっちゃくっちゃ良い人である。



猪の肋骨の肉。

自家製味噌の味噌汁。

マルゴという魚。

羽釜で炊いたさつまいもご飯。


その他諸々。




しまいには自作で雪見大福。(餅は冷えると固くなるらしい)


豪華である。かなりリアルが充実している人の食卓である。



さっとんが江上さんに相談した話。

江上さんとは不思議な縁で、東京のとあるNPOの社会人ボランティアとして出会った仲である。さっとんが始めて江津に行こうとしたときにFacebookで呼びかけたところ「面白そうだから行く!」と何も知らずについてきてくれたクレイジーな人だ。


それから、さっとんが先に移住をし、その2年後(昨年)に江上さんが移住した。その経緯はいろいろあるんだろうけど、なんだかいつも不思議に思うのである。


最近すこし今後の働き方について悩んでいたので、江上さんに話を聞いてもらった。江上さんはMBAを取得するバリバリのビジネス思考の人で、大学生の支援に力をいれるという熱いところもある。


さっとんが相談したかったのは、自分が「あまり今を楽しめていない」ということだ。江上さんはこう言ってくれた。「組織も環境も変化するからね。さとしが変わったのか、組織や環境が変わったのかどっち?」と。


たぶん後者なんだろう。いや、あらためて考えるとどちらでもないかもしれない。組織が変わったのではなく、僕の立場が変わったのだ。組織は全く悪くない。むしろこれからの展望のために良い感じに進化している。


そこに僕がついていけなくなったのかもしれない。あ、となると組織が変わったのか。



自分がどうありたいかを明確にしよう。

と、ここまで書いて19時に予約投稿していたのだが、今日一日仕事をしてみて改めることにした。現在18時47分。


なんだ、結局自分はウジウジしているだけじゃないか。上手くいかないことを言い訳にして、行動するのをためらっているだけじゃないか。なんだかウジウジと言い訳がましい記事をこうやって書いていることが情けなくなった。


おれはなんでこのブログを書いているんだ?自分を正当化するために書いているのか?おれはなんで情報発信をしているのだ?褒めてもらいたくてかまってもらいたくて書いているのか?


自分はどうなりたい?自分はどうありたい?何のために何をしていくんだ?


たぶん今までさっとんは中途半端な立ち位置で、自分がどうありたいのかを決めてなかったんだと思う。なんとなくそこで仕事をしていた。だからなんとなく良い立場に昇進して、そしてなんだか思ったような世界と違う世界を目の当たりにし、自分がいっぱいいっぱいになって脱落してしまう(これは前の会社の話)。


そして上手くいかなくなったら自分を正当化して、ウジウジとこうやって言い訳がましいブログを書いて、いじけている。この繰り返しじゃないか。


組織がどう、仕事がどう、環境がどうではなく。自分がどう働きたいか。自分がどうありたいか。これを明確にすればいい。じゃなきゃ、いつまでも中途半端で迷惑かけてばかりだ。


今日中に現時点での答えを出してみよう。自分がどうありたいのか。


あでゅ。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


『自由に生きるphilosophy.』では、LINE@で無料相談を受付けています! 

自由に生きたいと願っているあなたの悩みを、さっとんが無料でお答えします。

 ブログの感想や質問などもお気軽にどうぞ。


 ↓登録はこちら(解除したい場合はブロックしてくださいね。)

 https://line.me/R/ti/p/%40mow2037i


自由に生きるphilosophy.