大きなお金が流れてくる人と、そうじゃない人。


突然大きなお金を動かすかもしれない現実に出会って、お金の使い方について考えた。

もし仮に日常生活で使い切れないほどのお金が手元にやってきたら、有効に使うことは出来るだろうか?

この問いに対して "YES" と答えられる人は、もうすでに大きなお金を手に入れている人なんだろうな。 "YES" と答えられるから、お金が流れ込んできているんだろう。



もうひとつ、もし仮に大きなお金を渡す側になったとしたらどんな人にそのお金を託すだろうか?現実的に誰に渡すだろうか?

これはイメージしてみると驚くほど簡単に答えが出た。しかも「誰」という固有名詞も出すことが出来た。

では、この名前が浮かぶ人と浮かばない人の違いはなんだろうか?そして、自分自身は浮かぶ人になれているだろうか?

お金の流れとは思った以上にシンプルなのかもしれない。



自由に生きるphilosophy.